▲ 2015年度「味覚の授業」の風景

開催日程

日本 :2016年10月17日(月)~ 10月23日(日)
(10月16日(日)/ 第5回インターナショナルBENTOコンクール
最終審査会予定)
フランス :2016年10月10日(月)~ 10月16日(日)

開催地

全国

テーマ 「おいしく食べて健やかに」

2016年の「味覚の一週間」®では、「塩味」「酸味」「苦味」「甘味」「うま味」の五味を五感で味わうことに加えて食材の多様性、健康への影響も訴求していきます。
人間は食べ物で生きています。食材はもとより、調理法、生産地、季節感など、その多彩な世界は私たちの安全と健康、そして地球の生態系のために護られなければなりません。

開催情報

  • 「味覚の授業」®
    全国の小学校で、シェフやパティシエが子どもたちに味の基本や五感を使って食べる大切さを教えます。
    対象:小学校3年生〜6年生
  • 「味覚の食卓」
    「味覚の授業」®に参加したシェフ、料理人のお店を中心に開催。家族や友人と会話を楽しみながら味わう楽しさを見出す活動です
  • 「味覚のアトリエ」
    協賛企業や協力組織による味覚体験イベントです
    (写真は2014年度「世界の巨匠との出会い」)

2016年来日者

クリスチャン・ル=スケール(Christian Le SQUER)

1962年、フランス・ブルターニュ地方生まれ。パリの老舗レストラン『ルドワイヤン』のシェフとして、12年間、ミシュラン三ツ星を獲得。2014年10月からはパリのパラスホテル『フォーシーズンズ・ジョルジュ・サンク・ホテル・パリ』の総料理長に就任し、就任後、わずか1年以内でメインダイニング『ル・サンク』が三ツ星を獲得し、話題となりました。本物の風味とソースの伝統的なフランス料理の定番に、現代的な要素を加えた"再構築"の料理を得意としています。

© 2016 味覚の一週間. All Rights Reserved.
「味覚の授業」® 「味覚の一週間」® およびそのロゴは商標登録されています。